乗馬インストラクター(指導員)を目指すなら、 乗馬クラブの求人・就職 馬の学校 オリンピッククラブ優駿学園

入学可能エリア

北海道|青森県|岩手県|宮城県|秋田県|山形県|福島県|栃木県|群馬県|茨城県|埼玉県|千葉県|東京都|神奈川県|新潟県|富山県|石川県|福井県|山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県|鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県|福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

オリンピッククラブ優駿学園【HOME】 > 学校紹介 > 乗馬インストラクターになるためには

乗馬インストラクターになるためには

乗馬クラブでの仕事は、厩舎管理や馬の体調管理及び調教、何よりレッスンとなります。

乗馬クラブで働くことだけでよければ、そう難しいことではないのですが、インストラクターになるためには騎乗年数とレッスン経験、騎乗技術が必要となります。
インストラクターの資格は複数ありますが、(公社)全国乗馬倶楽部振興協会の資格を例にあげると、【満20歳以上で3年以上の乗馬経験を有し、騎乗者に初歩の乗馬技術の指導、乗用馬の飼育管理、乗馬クラブが企画する各種事業の運営などができる者】となっています。

馬の管理能力や騎乗技術だけでなく、レッスン能力などの実務能力を求められるのが乗馬インストラクターです。

乗馬クラブの仕事というのは、実際にやってみないとピンとこない部分は多かったりするのですが、新馬調教を行うなかで馬がお客様を乗せられるようになったり、自分のレッスンで騎乗者が乗馬を楽しんでくれる、といったところは他にはない魅力だと思います。
騎乗技術も大事ですが、乗馬クラブはサービス業なので、人との接し方や礼儀も重要です。このインストラクターのレッスンを受けたい!と思ってもらえるような技術と人柄を身につけていきましょう。

本校は乗馬クラブも併設しているので、普段から一般の方に接することになりますので、自然と挨拶や接し方を身につけることができ、レッスンや広報等のサービスも学ぶことができます。

学校見学・体験入学はこちら

©2014 オリンピッククラブ優駿学園 All Rights Reserved.

体験入学お申し込みはこちら
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
△ページ上部へ