馬の繁殖・生産牧場スタッフ 求人多数 未経験から生産牧場への就職をサポート! オリンピッククラブ優駿学園

入学可能エリア

北海道|青森県|岩手県|宮城県|秋田県|山形県|福島県|栃木県|群馬県|茨城県|埼玉県|千葉県|東京都|神奈川県|新潟県|富山県|石川県|福井県|山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県|鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県|福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

オリンピッククラブ優駿学園【HOME】 > 学校紹介 > 生産牧場スタッフになるためには

生産牧場スタッフになるためには

生産牧場では繁殖牝馬の管理、仔馬の生産・管理が主な業務内容になります。

生産牧場は騎乗技術が必要とされないうえ、人材不足の牧場も多く、未経験者でも就職できてしまうのが現状です。

しかし、繁殖牝馬や仔馬といっても決して安全ということはなく、馬に対する知識がないままだと思わぬケガを負ってしまうこともありますし、ケガをさせてしまうこともあるかもしれません。
仔馬を育てているデリケートなお母さんと、体も弱く何も知らない仔馬をしっかりと管理していくというのは、相応の知識と実務能力が大事になります。

上記のように騎乗技術が必要ではないので、育成牧場や乗馬クラブ就職に比べ、短期間の実習で就職できるといのも、生産牧場の魅力のひとつといえるかもしれません。

本校では最短で3ヶ月で就職までの知識・能力を身に付けることができます。

繁殖牝馬と仔馬が在籍しており仔馬の生産も行っているので、ケアや管理の他に春先には出産、秋口には離乳等という貴重な経験を積むことができます。

・牧場と乗馬クラブでは、使う敷料が違う?

牧場では現在も藁を使用しているところ大半ですが、匂い等の環境面や管理面の問題で乗馬クラブ等が使用するのには簡単ではなく、乗馬クラブや学校では、オガ粉等の敷料を使用しているところがほとんどです。
本校も大半はオガ粉を使用していますが、藁厩務の経験ができるように繁殖牝馬の敷料を藁を用意しています。
研修にいかなくても、生産牧場で行う作業を経験できる。就職前研修ではもちろんのこと、実際の就職に向けても大きなアドバンテージになると思います。

学校見学・体験入学はこちら

©2014 オリンピッククラブ優駿学園 All Rights Reserved.

体験入学お申し込みはこちら
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
△ページ上部へ