競走馬の育成牧場スタッフ 求人多数 未経験から競走馬の育成牧場への就職をサポート! オリンピッククラブ優駿学園

入学可能エリア

北海道|青森県|岩手県|宮城県|秋田県|山形県|福島県|栃木県|群馬県|茨城県|埼玉県|千葉県|東京都|神奈川県|新潟県|富山県|石川県|福井県|山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県|鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県|福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

オリンピッククラブ優駿学園【HOME】 > 学校紹介 > 育成牧場スタッフになるためには

育成牧場スタッフになるためには

出産からデビューまでの大事な架け橋となるのが育成です。
業務内容は、仔馬の初期馴致~デビューまでの調教と現役競走馬の休養・調整になってきます。

1歳夏頃~昼夜放牧などが始まり、秋頃から騎乗馴致に入っていくケースが多いみたいです。
騎乗馴致はブレーキングともいうのですが、このブレーキは止める意味のブレーキ(brake)ではなく、壊す意味の(break)で、今まで培ってきた馬同士の約束事を壊し、新たに人との約束事を構築するところからきているそうです。
引き馬から始まり、鞍乗せ、腹帯馴致、調馬索、騎乗、扶助等段階的に調教していくのですが、馬にとっては慣れないことをやらされる、ストレスがたまることですので、状態を見ながら慎重かつ丁寧に行う必要があります。

ここをクリアしたら本格的な競走調教、走路調教などが入ってきて、競走馬としてのデビューを目指していきます。

競走馬術や騎手のような姿勢、所謂モンキー乗りと基本馬術は全く別に思われがちですが、
しっかりとした基本馬術ができていないと、軸をぶらさずに腰を浮かせて背中を丸める騎乗姿勢を保つのが難しくなります。
厩務員になるためには】の欄にも同様の記述があるのですが、ここ数年、この基本馬術を重視する厩舎や育成牧場が多くなってきており、その重要度がより増してきています。

当校は生産から育成まで行っておりますので、生産~離乳~初期馴致~騎乗馴致までを経験することができ、かつ乗馬クラブも併設しているので、基本馬術から応用馬術まできっちりと身に付けることができます。

学校見学・体験入学はこちら

©2014 オリンピッククラブ優駿学園 All Rights Reserved.

体験入学お申し込みはこちら
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
△ページ上部へ