JRA厩務員になるためには・・・厩務員を目指すなら、馬の学校 オリンピッククラブ優駿学園

入学可能エリア

北海道|青森県|岩手県|宮城県|秋田県|山形県|福島県|栃木県|群馬県|茨城県|埼玉県|千葉県|東京都|神奈川県|新潟県|富山県|石川県|福井県|山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県|鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県|福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

厩務員になるためには

JRA(日本中央競馬会)の厩務員になるためには、JRAの厩務員課程を合格し約6ヶ月の教育を経て卒業し、JRA調教師と雇用契約を結ぶ必要があります。
JRA厩務員課程の応募資格は入学時に28歳未満であり、【牧場における競走馬・育成馬騎乗経験が1年以上あること】となっています。体重制限はありませんが、以前には60kg以下の制限がありましたので、その程度に抑えておくのが良いでしょう。
現在、前期・後期の募集を一括で行い、各期10名程度と狭き門となっており、合格するのはそう簡単なものではありません。

では、合否の重要な分かれ目はどこか。
それは【基本馬術】です。
競走馬・育成馬の騎乗経験が応募資格にありながら、適性検査では競走馬術は含まれておらず、騎乗技術の判断は基本馬術となっています。
どれだけ競走馬術ができていても、基本馬術ができなければ合格することができません。
試験科目としてだけではなく、乗馬技術を重視する厩舎も増えており、高レベルな競技会に入賞できる技術がないと入れない厩舎もあると言われていますので、よりよい厩務員になるためにもしっかりと基本馬術を積んでいくことが大事です。

基本馬術を学べる、一番の場所はおそらく乗馬クラブです。
優駿学園は乗馬クラブも併設しているので、初心者でも扱える大人しい乗用馬と、わかりやすく指導できる指導員がおり、基礎をしっかりと身につけることができます。

ただし、基本馬術だけでは厩務員試験に合格することができません。
そこには【牧場における競走馬・育成馬騎乗経験が1年以上あること】という応募資格をクリアできないからです。
なので、卒業後に育成牧場等に就職して経験を積み受験資格を得るのが一般的なのですが、実習地である富里トレーニングファームは育成施設なので、在学中に経験を積むことができます。
もちろん、合格するのはそう簡単なことではありませんが、在学生は2年時から、厩務員課程を受験することができるようになります。

以上の2点から、本校は厩務員課程合格及び育成牧場就職への一番の近道が本校といえるかもしれません。

学校見学・体験入学はこちら

©2014 オリンピッククラブ優駿学園 All Rights Reserved.

体験入学お申し込みはこちら
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
△ページ上部へ